• ロードスターNDでジムカーナ

    NDが販売されてしばらくたち、サーキットなどでもちょこちょこNDロードスターを見かける機会が増えてきました。
    ロードスターの機動性能をもって楽しめるモータースポーツといえばもう一つ「ジムカーナ」があります。

    お気軽かつ奥が深い、そして車の挙動を最大限感じることのできるジムカーナですが、NDロードスターは純正のままでもかなり楽しむことが出来そうです。

    今回はそんなジムカーナを楽しんでいるNDロードスターの動画をご紹介します。

    軽く上記は動画の詳細を確認するに、基本的に純正パーツのみですが540°ターンなども傍目からは簡単にしていますね。
    ひらりひらりを軽やかに駆る様は非常に楽しそうです。

    ジムカーナ選手権向けにチューンされたNDロードスターの動画もありました。

    こちらもまだまだ改良の余地ありというところで今後に期待できます。

    NDロードスターがモータスポーツを盛り上げていってくれることに期待しましょう!



  • ロードスターNDとトヨタ86の比較テスト動画

    ロードスターNDとトヨタ86を実際にサーキットでラップタイム比較をする動画が公開されました。

    この映像はイギリスの自動車メディア、『Auto Express』が公式サイトを通じて配信したものです。

    新型『MX-5』(日本名:ロードスター)を、トヨタ『GT86』(日本名:86)とサーキットで比較テスト。その様子を、およそ6分の映像で紹介しています。勝負の行方は果たして!?



  • ハイストーリーシリーズでロードスター NDが登場

    オーナーならばぜひコレクションしたいアイテムとして人気の高いミニカーですが、クオリティと言う面ではオートアートかハイストーリーのものが有名ですよね。

    オートアートはまだND5RCのものは出ていないのですが、ハイストーリーからは幾つかのカラーリングで登場しました。
    今回はそれらのアイテムをご紹介します。

    ただ、ソウルレッドはすぐ売り切れになってしまうようで。。。
    見つけたら即買いですね。



  • マツダ 新型 ロードスター RSとNR-Aモデルを2015年10月1日と10月15日に発売!!

    ロードスターといえばパーティレースなどに用いられるNR-Aグレードの登場が決定しました!
    更に、走行性能を高めたRSグレードも登場します。

    RSモデルは2015年10月1日より発売、NR-Aモデルは2015年10月15日より発売を開始。

    RS主な標準装備
    レカロシート
    ビルシュタイン社製 ダンパー
    大径ブレーキ
    フロントサスペンションタワーバー
    インダクションサウンドエンハンサー
    BOSEサウンドシステム

    価格は3,696,800円

    ブレーキの強化がかなり興味をそそります。

    NR-Aは「パーティレース」への参戦用車両 サーキット走行を楽しめる&公道走行可!!
    NR-A主な標準装備
    16インチアルミホイール
    LSD(強化タイプ)
    ビルシュタイン社製 車高調整機能付スポーツタイプサスペンション
    ブレーキローター(大径)
    フロントサスタワーバー・リアスタビライザー・トンネルブレースバータイヤディフレクター

    価格は2,646,000円

    NR-Aは受注生産の様ですがとても楽しみですね。



  • フジツボからNDロードスター用マフラー発売開始

    チューニングパーツの老舗のフジツボのオーソライズマフラーシリーズより、NDロードスター用のマフラーが登場しました。
    サウンドのサンプル動画もあります。

    オーソライズRとオーソライズSで結構サウンドが異なるのですね。

    NDロードスターは純正で2本出しですので、オーソライズSですと純正のデザインを生かしつつスポーティに、オーソライズRとはNDロードスターのスペックをより引き上げるような太めのサウンドですね。

    他社からもこれから多数発表されていくるかと思いますが、NDロードスターに合わせてデザインもスペックも選択肢を用意ししてくれているフジツボはさすがですね!



  • スルガスピードがNDロードスターのマフラーを開発中!プロトタイプの映像も。

    ワンオフマフラー開発の老舗である横浜のスルガスピードにて、早速NDロードスターのマフラー「PFSループサウンドマフラー」が開発されている情報をキャッチしました。 すでにプロトタイプの動画もYoutubeにアップされています。

    スルガスピードのサイトはこちら

    NCロードスターのでのスルガスピードマフラーの開発の際は私もマシンを提供し、試作をしましたが、今回は発売して早々の対応ということで非常に期待が持てます。車内に入り込むサウンドがとても心地いいですね。

    サウンドについてはNCロードスターの頃から定評があったので、今回も非常に楽しみです。



  • メディア対抗ロードスター4時間耐久レースの公式車種がNDに

    皆さんおなじみの各自動車メディアがそれぞれの社(およびチーム)の実力を競い合うメディア4耐ロードスターレースが今年も開催されますが、その車種がNDに決定しました。

    http://www.media4tai.com/media4tai/index.html

    media4tai_header

    さすがにNCはもう無いだろうと思っていましたが、まだNDが配備されていない状況だったりするので各チームとも練習とかどうするんでしょうね。

    今年のメディア4耐は各チームとも手探りになりそうで楽しそうです。

    機会があればぜひ見に行きたいと思います。



  • オートエクゼからNDロードスター用チューニングキット「AutoExe ND-05」発売開始

    マツダ車のカスタムパーツ販売でお馴染みのオートエグゼから7月下旬で様々なパーツの販売開始がアナウンスされました。

    06

    内外装はもちろんのこと、足回ではサスペンション、ダンパー、スタビなどがラインナップされます。

    07

     

    皆さんが気になる吸排気はまずセンター出しのマフラーというなかなかシブいアイテムが登場しますね。となるとリアバンパーは交換必須でしょうか。とおもいきや、リアアンダーパネルの交換だけで行けそうです。
    ディフューザーもきちんとありますね。かなり印象が変わります。

     

     

    08

     

    かなり精悍な感じに見えます。

    03

    リアスポもなかなか似合っています。ランプもちゃんとリアスポに付くようになるんですね。これは欲しい。

    04

     

     

     

    その他にもたくさんの商品をラインナップするようです。新車購入なので当分は吊るしのままというオーナーも多いかと思いますが、一足先にカスタマイズしてみるのもいいですね。

    オートエグゼの公式サイトはこちら



  • ロードスター NDのセキュリティステッカー

    そろそろ納車された皆様も多く、先日の軽井沢MTGでは多数のNDが関東近郊はもとより広島からいらっしゃったオーナーもおられ、これから益々NDが盛り上がっていくところですが、パーツやアクセサリーもじょじょに登場しています。

    新車のNDなのでセキュリティアラームなどを装着されている方も多いかと思いますが、今回ND仕様のセキュリティシールが登場しましたのでご紹介いたします。

    デザインもしっかりNDのシルエットになっており、主張するデザインになっていますね。
    防犯にもぜひ貼り付けたいアイテムです。



  • ロードスター NDの前後重量配分は真の50:50

    ロードスターはNDにかぎらず前後重量配分を極力50:50にする。それによってドライバビリティを向上させていることは有名ですが、実際50:50担っているのか。自動車という重量物においてそんなバランスを保つことが可能なのか、ということでマツダUSAが実証をしている動画がありました。

    っ、ええええ!
    これはすごい!
    こんな状態てバランスが取れる車もそうそうないわけですが、コレはほんとにすごい。マツダ公式動画なので仕込みはなさそうです。
    まぁ、その車の特性によって50:50がいいかどうかもありますが、それを差し置いてもこの重量は文は本当に素晴らしいですね。